ペットの健康を科学する

purina-institute-about-us

Purina の科学的知見を伝える学術組織として、ペットがより良く、より長く生きるうえで役立つ実証済みの栄養科学について、世界中の獣医学・科学の専門家リーダーたちとの協力および知識の交換を促進します。

飼い主の皆様は、さまざまな情報源からペットの栄養に関する助言を求めます。

残念ながら、事実は間違った情報と混同されてしまいます。情報源がどんどん矛盾し、信頼できなくなることが多いからです。

飼い主の皆様と事実に基づく科学的情報を共有し、積極的な議論を交わすことで、栄養についてのコミュニケーションを共に取り戻すことができるのです。

   ペットのより良い、より長い人生のために当社がどのように実証済みの栄養学を活用しているかをご覧ください。

about-us

日々の診療で、お客様と栄養に関するコミュニケーションを始めることが重要である理由をご確認ください。

ペットの健康を科学する

当社の目標は、今日の栄養に関するコミュニケーションを促進することだけではありません。

 

 

将来を見据え、Purina の研究開発(R&D)ネットワークから得た知見を実現します。当社の研究者は、不可能なことを日々想像し、ペットのより良い、より長い人生のために栄養の力を解放しています。 栄養における画期的な発見のための飽くなき意欲により、Purina はペットの栄養科学を形作る基礎となっているのです。この調査は、次のようなさまざまな分野で行われています。

心臓のアイコン

心臓の健康

心臓は生命維持に必要不可欠な臓器で、規則的な心拍および心リズムを支え、維持するためには主な栄養素およびエネルギーの連続的な供給が必要です。Purina の研究で、僧帽弁粘液腫様変性早期の犬において、特定の栄養素ブレンドが主要な心機能を改善し、進行速度を緩徐にできることが判明しています。

詳細はこちら

アレルゲンを中和するアイコン

アレルゲンを中和

Purina の研究者は、主な猫アレルゲンである Fel d 1 がアレルギー反応のトリガーとなるのを防ぐ方法を発見しました。この発見は、猫の全体的な生理学に影響を与えることなく、ペットとその飼い主の生活を変える可能性があります。

詳細はこちら

分子栄養学のアイコン

分子栄養学

栄養介入の機会を見つけるための Purina の研究は、 ゲノゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクス、メタゲノミクスを使用して、細胞および分子プロセスに対する栄養の影響を調査することから始まります。

詳細はこちら

脳のアイコン

脳の健康

ペットの栄養と認知機能との強い関係を示した、何年にもわたる Purina の革新的な研究。

詳細はこちら

胃腸の健康のアイコン

胃腸の健康

Purina の科学的研究は、微生物のバランスを維持することの重要性を、これを実現するための方法とともに明らかにしています。

詳細はこちら

体重管理のアイコン

体重管理

Purina の研究により、体重管理および目標化した栄養がペットの健康寿命を延ばす方法が示されました。

関連コンテンツ

about-us-advancing-brain-health

脳の健康促進

限定コンテンツでは、皆様が診療で使用するトピックや実践的なツールについて包括的に理解することができます。 

can-2019

CAN サミット

コンパニオンアニマルサミットの詳細と、過去のイベントで議論されたトピックをご確認ください。

purina-institute-about-us

パートナーシップ

当社のパートナーの詳細をご確認いただき、皆様の診療をサポートするコンテンツにアクセスしてください。 

詳しく知る

1.出典: Ipsos (2014). Vet Tracker US.