真実と誤解

purina-institute-science-behind-the-discovery
fel d 1
猫アレルギーについては、数多くの俗説や誤解が存在し、猫アレルギーを患う方々の多くは、猫アレルギーが実際に何を原因としているかを完全には理解していません。

猫アレルギーに関する俗説を一掃する科学的な事実をご紹介します。

猫アレルゲンについての事実

cat-allergies-fact-vs-fiction

猫アレルギーの原因は猫の毛ではありません

俗説に反して、アレルギー反応を誘発するのは猫の毛ではありません。猫の唾液腺と皮脂腺(皮膚)で産生されたアレルゲンが、猫アレルギーのある人にアレルギー反応を誘発させる原因です…

fact-vs-fiction

アレルゲンフリー、または「ハイポアレジェニック(低アレルゲン)」である猫はいません

猫の品種によっては - 特に毛のない品種 -「ハイポアレジェニック」であるという俗説があります。「ハイポアレジェニック」は、正確には「アレルゲンが少ない」という意味ですが、多くの人が「アレルゲンフリー」という意味に誤解しています…

cat-allergies-fact-vs-fiction

毛色はアレルゲンの産生に影響を与えません

猫の毛色が黒っぽく毛が長いほど、毛色が明るく毛が短い猫よりも、アレルギー反応を誘発しやすいという俗説があります。しかし、毛色と毛の長さは影響を与えません…

cat-allergies-fact-vs-fiction

アレルゲンの産生に関係する身体的特徴は性別だけ

毛の長さと毛色は、Fel d 1の産生には影響を与えないことが実証されていますが、唯一相関関係があるとみられているい身体的要因が存在し、それは性別です…

cat-allergies-fact-vs-fiction

猫を避けてもアレルギー反応をなくすことはできないかもしれません

猫に対するアレルギー反応を予防するための医師からの一般的なアドバイスは、猫を避けることです1,2。このため、猫アレルギーのある飼い主の方々は、家の中のアレルゲン暴露を減少させようと、猫を家の中の一部屋か一部分だけに隔離することがあります。

clear-shape

ピュリナ インスティテュートは、真実の啓発と誤解を正すために科学的な事実を提供します。詳しくは下記をご覧ください。

 

Fel d 1と猫アレルギーに関するQ&A

Fel d 1の名前の由来は?

Fel d 1が発見された際に最初に提案された名前は、「cat allergen1」でした。「Fel d 1」という名前は、「Felis domesticus」から来たもので、これはこのアレルゲンが正式に命名された当時、家猫に一般的に使用された種名でした。  家猫の正式な種名は、現在は「Felis catus」ですが、「Fel d」という名前はそのまま残されました。Fel dアレルゲンは、発見された順番に番号が付けられました。最初に発見されたのがFel d 1だったのです。

すべての猫がFel d 1を産生するのですか?

猫は、品種、性別、避妊・去勢手術を受けたかどうかに関係なく、すべて、Fel d 1を産生し1~3、 Fel d 1の産生量は、それぞれの猫で異なっています4,5。 Fel d 1は、主に猫の唾液腺と皮脂腺で作られます1、5~7。 よって、コーニッシュレックスやスフィンクスのように毛のない猫でも、アレルゲンを産生するということです。

猫の品種によって、Fel d 1の産生量が異なりますか?

Fel d 1の産生量は猫の品種によって多少異なる場合もありますが、すべての猫がFel d 1を産生します。産生量は、猫の品種に関係なく個々の猫によって大きく異なり、ハイポアレジェニック(低アレルゲン)、あるいはアレルゲンフリーの猫の品種はありません。

Fel d 1の産生は、猫の遺伝子の影響を受けますか?

受けます。体で生成されるすべてのたんぱく質と同じように、Fel d 1の産生は、その猫の遺伝子組成によってコントロールされます8

毛色や毛の長さは、Fel d 1の産生に影響を与えますか?

毛色も毛の長さも、Fel d 1の産生に影響を与えません2~4,9

体重はFel d 1の産生に影響を与えますか?

体重はFel d 1の産生に影響を与えません2

野外に出る機会のある猫は「完全室内飼い」の猫よりも多くのアレルゲンを産生しますか?

室内飼いにすることや野外に出すことは、Fel d 1の産生には影響を与えません2

「ハイポアレジェニック(低アレルゲン)」である猫の品種はありますか?

アレルゲンフリー、あるいは「ハイポアレジェニック」である猫はいません1~2,10~11。「ハイポアレジェニック」は、正確には「アレルゲンが少ない」という意味ですが、多くの人が「アレルゲンフリー」という意味で使っています。すべての猫が、毛のない猫(コーニッシュレックスやスフィンクス)のような猫でさえアレルゲンを産生します2,7,10。猫はグルーミングをしてフケや毛によりアレルゲンを環境中に散らします。

猫の年齢はFel d 1の産生に影響を与えますか?

年齢とFel d 1の産生の相関に関してはまだ統一見解は出ていません3,4。ピュリナの研究では、より高齢の猫の方が、若い猫よりも唾液腺由来Fel d 1レベルが低い傾向がみられました4

猫の性別はFel d 1の産生に影響を与えますか?

去勢手術を受けていない雄猫は、去勢手術を受けた雄猫や、雌猫(避妊手術の状況と関係なく)と比べて、一般的にFel d 1の産生が多いことが明らかになりました2,9,12~14。しかし、それぞれの猫のFel d 1の産生は遺伝子に基づいており、去勢されていない雄猫のFel d 1産生量が、Fel d1を多く産生する雌猫や去勢された雄猫より少ない場合もあります13,14

猫にとってFel d 1はどんな機能がありますか?

猫におけるFel d 1の正確な機能はいまだに不明ですが、フェロモンのシグナル伝達に関与するという説が出されています15,16。 
猫の産生するFel d 1レベルは、避妊・去勢手術を受けたかどうか、性別、遺伝子によって異なり2,7,8、猫は、産生するFel d 1レベルに関係なく健康でいることができると思われます。

猫アレルギーはどれくらい多いですか?猫アレルギーの症状にはどんなものがありますか?

人における動物が原因のアレルギーの中では、猫アレルギーが最も多く、室内アレルギーの中で2番目に多く存在します17~19 。猫アレルギーは、猫を飼うことを妨げる大きな障壁となる場合があり20 、愛猫家が愛猫と過ごす機会を制限することもあります。世界的には、成人の5人に1人(22パーセント)が猫アレルゲンに反応します16,21

何が猫アレルギーを起こしますか?

猫に対してアレルギー反応を起こす人の多くは、Fel d 1と呼ばれるアレルゲンに反応します16,18。Fel d 1は主要な猫アレルゲンで、猫アレルゲンに感作された人の最高95パーセントまでに、アレルギー反応を誘発します9,16~18,22。Fel d 1は、主に猫の唾液腺と皮脂腺(皮膚)で産生されます1,3,6,7,9,22

このアレルゲンは、グルーミング中に猫の毛や皮膚に移り、フケや毛に付着して、家の中に拡散されます6,7,16。ハウスダストには高濃度のFel d 1アレルゲンが含まれている場合があります19 。Fel d 1は容易に空気中を浮遊し、環境の中に存在し続けます。また、猫を介さなくても、衣服に付着して別の環境(車の中、教室、ショッピングセンターなど)に容易に移動していきます9,11,16。感作が成立している人の体内にある免疫グロブリンE(IgE)抗体にFel d 1が結合して、アレルギー反応が誘発されます。

猫アレルギーの対策には普通どんなものがありますか?

現在の、人における猫アレルギー対策は、猫との接触を制限するか避けること、集中的な清掃、アレルギーのある人に対する免疫療法を使った減感作療法、あるいは、アレルギー反応が誘発された場合の対症療法が中心です10,11,23。いずれの方法も、それぞれ限界があります。

関連コンテンツ

この発見の詳細、愛猫との生活に与える影響:

出典元

  1. Butt, A., Rashid, D., & Lockey, R. (2012). Do hypoallergenic cats and dogs exist?  Annals of Allergy Asthma and Immunology, 108(2), 74-76. doi: 10.1016/j.anai.2011.12.005
  2. Nicholas, C., Wegienka, G., & Havstad, S. (2008). Influence of cat characteristics on Fel d 1 levels in homes. Annals of Allergy Asthma and Immunology, 101(1), 47-50. doi: 10.1016/S1081-1206(10)60834-4
  3. Kelly, S.M., Karsh, J., Marcelo, J., Boeckh, D., Stepner, N., Litt, D.,...Yang, W.H. (2018). Fel d 1 and Fel d4 levels in cat fur, saliva and urine. Journal of Allergy and Clinical Immunology, 142, 1990-1992.e3. doi:  10.1016/j.jaci.2018.07.033
  4. Bastien, B.C., Gardner, C., Satyaraj, E. (2019). Wide range of yearly salivary Fel d 1 in domestic shorthair cats. Accepted, Journal of Feline Medicine and Surgery.
  5. Platts-Mills, T.A.E., Vervioet, D., Thomas, W.R., Aalberse, R.C., & Chapman, M.D. (1997). Indoor allergens and asthma: Report of the Third International Workshop. Journal of Allergy and Clinical Immunology, 100, S1-S24.
  6. Dabrowski, A., Van der Brempt, X., Soler, M., Seguret, N., Lucciani, P., Charpin, D., & Vervloet, D. (1990). Cat skin as an important source of Fel d 1 allergen. Journal of Allergy and Clinical Immunology, 86, 462-465.
  7. Bartholome, K., Kissler, W., Baer, H., Kopietz-Schulte E., & Wahn, U. (1985). Where does cat allergen 1 come from? Journal of Allergy and Clinical Immunology, 76, 503-506. doi: 10.1016/0091-6749(85)90734-1
  8. Morgenstern, J.P., Griffith, I.J., Brauer, A.W., Rogers, B.L., Bond, J.F., Chapman, M.D., & Kuo, M.C. (1991). Amino acid sequence of Fel dI, the major allergen of the domestic cat: Protein sequence analysis and cDNA cloning. Proceedings of the National Academy of Sciences, 88(21), 9690-9694.
  9. Bonnet, B., Messaoudi, K., Jacomet, F., Michaud, E., Fauquert, J.L., Caillaud, D., & Evrard, B. (2018). An update on molecular cat allergens: Fel d 1 and what else? Chapter 1: Fel d 1, the major cat allergen. Allergy Asthma & Clinical Immunology, 14. doi: 10.1186/s13223-018-0239-8
  10. Dávila, I., Dominguez-Ortega, J., Navarro-Pulido, A., Alonso, A., Antolin-Amerigo, D., Gonzalez-Mancebo, E.,…Torrecillas, M. (2018). Consensus document on dog and cat allergy. Allergy, 73, 1206-1222. doi: 10.1111/all.13391
  11. Salo, P.M., Cohn, R.D., & Zeldin, D.C. (2018). Bedroom allergen exposure beyond house dust mites. Current Allergy and Asthma Reports, 18, 52-68. doi: 10.1007/s11882-018-0805-7
  12. Zielonka, T., Charpin, D., Berbis, P., Luciani, P., Cassanova, D., & Vervloet, D. (1994). Effects of castration and testosterone on Fel d 1 production by sebaceous glands of male cats: I. Immunological assessment. Clinical and Experimental Allergy, 24(12), 1169-1173.
  13. Ramadour, M., Birbnaum, J., Magalon, C., Lanteaume, A., Charpin, D., & Vervloet, D. (1998). Cat sex differences in major allergen production (Fel d 1). Journal of Allergy and Clinical Immunology. 10(2-1), 282-284.
  14. Jalil-Colome, J., de Andrade, A.D., Birnbaum, J., Casanova, D., Mége, J.L., Lanteaume, A., Charpin, D., & Vervloet, D. (1996). Sex difference in Fel d 1 allergen production. Journal of Allergy and Clinical Immunology, 98(1), 165-168.
  15. Durairaj, R., Pageat, P., & Bienboire-Frosini, C. (2018). Another cat and mouse game: deciphering the evolution of the SCGB superfamily and exploring the molecular singularity of major cat allergen Fel d 1 and mouse ABP using computational approaches. PLoS ONE, 13(5), e0197618; doi: 10.1371/journal.pone.0197618
  16. Zahradnik, E., & Raulf, M. (2017). Respiratory allergens from furred mammals: Environmental and occupational exposure. Veterinary Sciences, 4(3), 38. doi: 10.3390/vetsci4030038.
  17. Morris, D. (2010). Human allergy to environmental pet danders: A public health perspective. Veterinary Dermatology, 21(5), 441-449. doi:10.1111/j.1365-3164.2010.00882.x
  18. van Ree, R., van Leeuwen, W., Bulder, I., Bond, J., & Aalberse, R. (1999). Purified natural and recombinant Fel d 1 and cat albumin in vitro diagnostics for cat allergy. Journal of Allergy and Clinical Immunology, 104(6), 1223-1230.
  19. Black, K.R., Murphy, B., Filep, S., Brook, J., Subbarao, P., Turvey, S., … Chapman, M.D. (2018). Comparison of Fel d 1 and Fel d4 levels in house dust samples from the Canadian CHILD birth cohort. Journal of Allergy and Clinical Immunology, 141(2), AB7.
  20. Svanes, C., Zock, J.P., Anto, J., Dharmage, S., Norback, D., Wjst, M., … Early Life Working Group of the European Community Respiratory Health Survey. (2006). Do asthma and allergy influence subsequent pet keeping? An analysis of childhood and adulthood. Journal of Allergy and Clinical Immunology, 118(3), 691-698. doi: 10.1016/j.jaci.2006.06.017
  21. Bousquet, P.J., Chinn, S., Janson, C., Kogevinas, M., Burney, P., & Jarvis, D. (2007) European Community Respiratory Health Survey I. Geographical variation in the prevalence of positive skin tests to environmental aeroallergens in the European Community Respiratory Health Survey I. Allergy, 62(3), 301-309.
  22. Chan, S.K., & Leung, D.Y.M. (2018). Dog and cat allergies: Current state of diagnostic approaches and challenges. Allergy, Asthma and Immunology Research, 10, 97-105. doi: 10.4168/aair.2018.10.2.97
  23. Björnsdottir, U. S., Jakobinudottir, S., Runarsdottir, V. & Juliusson S. (2003). The effect of reducing levels of cat allergen (Fel d 1) on clinical symptoms in patients with cat allergy. Annals of Allergy, Asthma and Immunology, 91, 189-194.