心臓の健康管理を変革する

カメラを見ている犬と猫

心臓は、犬や猫の生涯の間に10億回以上 拍動します。1, 2 

持続的な負荷がかかる健康な心臓の安静時エネルギー代謝は、体内のどの臓器よりも高いです。心臓を絶え間なく拍動させ続けるために、心筋細胞内にある何千ものATP産生ミトコンドリアをサポートするためには多くの栄養素が必要です。3, 4   

それにもかかわらず、心臓の健康における栄養の役割は見落とされがちです。

Purinaの研究で、僧帽弁粘液腫様変性(MMVD)の早期の犬において、特定の栄養素のブレンドが主要な心臓の評価項目を改善し、心疾患の進行速度を緩やかにすることが明らかとなりました。5

食事介入が犬の早期MMVDの進行を緩やかにできるのであれば、心臓の健康のためにも栄養管理を取り入れるべきではないでしょうか。

健康な心臓につながる革新的発見を知る:

Find out more

  1. Abbott, J. A. (2005). Heart rate and heart rate variability of healthy cats in home and hospital environments. Journal of Feline Medicine and Surgery7(3), 195–202.
  2. Haskins, S., Pascoe, P.J., Ilkiw, J.E., Fudge, J., Hopper, K., & Aldrich, J. (2005). Reference cardiopulmonary values in normal dogs. Comparative Medicine, 55(2), 156–161.
  3. Fernández-Vizarra, E., Enríquez, J.A., Pérez-Martos, A., Montoya, J., & Fernández-Silva, P. (2011). Tissue-specific differences in mitochondrial activity and biogenesis. Mitochondrion, 11(1), 207–213.
  4. Veltri, K.L., Espiritu, M., & Singh, G. (1990). Distinct genomic copy number in mitochondria of different mammalian organs. Journal of Cell Physiology, 143(1), 160–164.
  5. Li, Q., Heaney, A., Langenfeld-McCoy, N., Boler, B. V., & Laflamme, D. P. (2019). Dietary intervention reduces left atrial enlargement in dogs with early preclinical myxomatous mitral valve disease: a blinded randomized controlled study in 36 dogs. BMC Veterinary Research15(1), 425.
より詳しい情報をお探しですか?以下の参考文献をご覧ください: