9 年にわたる猫の寿命に関する研究

9 年にわたる猫の寿命に関する研究

猫の食餌介入は、糖尿病や腎疾患など特定の臨床的問題の管理において長年役立ってきました。しかし、栄養の効果はそれだけにはとどまりません。ただ長く生きるだけでも酸化ストレスの累積的影響があるなど、さまざまな健康の変化がありますが、これに対応する際にも、栄養は重要な役割を果たすことができます。

個体の老化速度に影響する因子は数多く存在するものの、Purina の科学者たちによる研究では、抗酸化剤、必須脂肪酸、プレバイオティクスを含む栄養ブレンドに、高齢猫における健康寿命の延伸に役立つ可能性があることが示唆されています。1

Purina の研究

Purina による 9 年にわたる猫の研究

Purina の 9 年にわたる画期的な研究により、特定の栄養素を組み合わせた食餌が猫の健康寿命の延伸に有効であることが示されました。1

この長期的な食餌に関する研究では、7〜17 歳の健康な雑種の猫 90 頭を対象とし、寿命に達するまで調査を継続しました。

猫を 3 つの群に分け、次のように異なった食餌を与えました。 

1. 対照食
2. 対照食 + ビタミン E を含む抗酸化剤
3. 対照食 + 抗酸化剤・必須脂肪酸・プレバイオティクスの Purina 独自ブレンド 

 

Purina の栄養素ブレンドによって、寿命が平均 1 年延びることが科学的に証明されました。1

猫の寿命に関するグラフィック

この先駆的研究は、高齢猫において複数の健康パラメータが改善されたことも示している

皮下脂肪厚の増加(栄養状態改善のマーカー)

体重維持の向上

皮下脂肪厚のグラフ
出典:Cupp et al., 2008
体重のグラフ
出典:Cupp & Kerr, 2010

より健康な腸内細菌叢バランスの維持

ビタミン E 値の向上

糞便中の細菌叢
出典:Cupp & Kerr, 2006
9 年にわたる猫の寿命研究におけるビタミン E に関するグラフ
出典:Cupp & Kerr, 2010

覚えておくべき重要な点

  • 栄養は、猫の健康寿命延伸において重要な役割を果たすことができます。
  • 9 年の研究では、抗酸化剤、必須脂肪酸、プレバイオティクスによる栄養素ブレンドによって、猫の健康寿命を延伸できることが示されました。
  • 独自の栄養素ブレンドの食餌を与えられた猫では、体重、除脂肪体重をより良く維持でき、また複数の健康評価において加齢に伴う数値の減少が緩やかになりました。

栄養は、ペットの健康寿命の延伸にどのような貢献をしているのでしょうか。詳しく見てみましょう。

詳しく知る

1.Cupp, C. J., Kerr, W.W., Jean-Philippe, C., Patil, A. R., & Perez-Camargo, G. (2008).The role of nutritional interventions in the longevity and maintenance of long-term health in aging cats.International Journal of Applied Research in Veterinary Medicine, 6(2), 69-81. 

2.Cupp, C. J., & Kerr, W. W. (2010).Effect of diet and body composition on life span in aging cats. Nestlé Purina Companion Animal Nutrition Summit, Florida, USA, 36-42.

3.Cupp, C. J., Jean-Philippe, C., & Kerr, W. W. (2006).Effect of Nutritional Interventions on Longevity of Senior Cats.International Journal of Applied Research in Veterinary Medicine, 4(1), 34-50.