心疾患

心臓の解剖図
心疾患は、犬・猫における最も一般的な疾患の 1 つです。

過去の研究より、犬の約10%および猫の約15%が心疾患を患っていると報告されています。このうち大多数の猫では心筋症を患っています。犬では、小型犬種は僧帽弁粘液腫様変性(MMVD)になりやすく、大型の犬種は拡張型心筋症を発症する傾向があります。1–4 

犬や猫は、心疾患があるとしても、心臓が機能しなくなり始めるまで健康に見えることがよくあります。心疾患が早期である場合、何らかの理由で臨床検査が必要とならない限り、見つからないままとなります。1, 5, 6

米国獣医内科学会(American College of Internal Veterinary Medicine:ACVIM)は、心筋症の猫または僧帽弁粘液腫様変性の犬における心疾患を 4 つのステージに識別しています。各ステージは、臨床検査と心エコー検査に基づき、臨床徴候管理を目標とする治療と関連付けられています。心疾患のステージを正確に識別することは、治療と予後にとって重要です。1, 7  

心不全は、体が必要とする十分な血液を心臓が送り出せなくなったときに発現する臨床徴候を指しています。うっ血性心不全(CHF)が発症すると、ペットの寿命が大幅に短くなります。4, 8, 9

獣医師による心疾患の進行の予測、または心疾患のあるペットにおける栄養素の新しい役割を知るうえで、有効となる可能性がある研究について詳しく説明します。     

心疾患のある犬の 75% が MMVD であり、HCM は 50% 超を占めています。 < 1% of heart disease is congenital in mixed breed dogs and cats

心疾患のある猫のほとんどは、他の内科的疾患に起因しない左室肥大を特徴とする、肥大型心筋症(HCM)です。疑わしい心雑音がなかったり、心不全(CHF)の臨床徴候を示さなかったり、大動脈血栓塞栓症(ATE)による麻痺が生じていなかったりする場合があるため、心エコー検査を行わなければ、早期に疾患は検出されません。4 

HCMを患う猫の多くは高齢の雄であり、収縮期雑音を伴う傾向があります。また、ほとんどが雑種の猫ですが、メインクーンやラグドールなどの一部の猫種は、基礎にある遺伝子変異によりリスクが高くなっています。12

長毛でイエロー系の猫
ACVIM による猫心筋症のステージ

猫心筋症の症状や転帰には、非常にばらつきがあります。しかし、約30%が心不全に進行します。一般的に、砂防拡張の重症度が高いほど、動脈の血栓塞栓症の発症(ATE)とCHFのリスクが高まります。

CHF猫のケアは、肺水腫などの臨床徴候の管理と心機能のサポートを基本とします。食事における推奨事項では、猫のカロリー摂取量の維持、ナトリウムを多く含むフードやおやつを避けること、心臓の健康のためのオメガ3脂肪酸を補給すること、および血清カリウム濃度のモニタリングに重点が置かれています。7,13

小型犬

心筋症早期の猫と同様に、僧帽弁粘液腫様変性早期の犬も健康に見えます。通常 MMVD は、定期健診で左心尖部収縮期雑音が聴診されたときに検出されます。1, 5   

 

 

ACVIM による犬の MMVD のステージ

MMVD の進行も予測困難であり、進行性心疾患の最も信頼性の高い指標の 1 つは左房拡張です。早期 MMVD の犬と比較して、うっ血性心不全の犬の生存期間は短くなっています。8, 14–16

Purina の研究

犬

バイオマーカーは、疾患進行についての重要な手掛かりを示す可能性があります。MMVD などの心疾患では、ステージが進行すると心不全のリスクがあります。Purina の科学者たちは、新規バイオマーカーの可能性を評価するために、MMVD 犬におけるマイクロ RNA を研究しました。

Purina の科学者たちは、すべてのステージの MMVD 犬、健常犬、およびうっ血性心不全の犬から採取した 277 の体液中 miRNA について発現プロファイルを分析しました。17 

追加調査が必要ではあるものの、この分析結果から、一部の体液中 miRNA が犬の MMVD の診断、予後予測、または治療反応のモニタリングのためのバイオマーカーになり得ることが示唆されています。

マイクロ RNA(miRNA)は、心疾患の非侵襲的バイオマーカーとなり得る小さなノンコーディング RNA 分子です。 

ACVIMによるMMVDの犬のステージ分類に関するガイドラインを用いて、研究者らは、さまざまな犬種の18頭の犬を6頭ずつ、3つの群に分けました。

結果から、ステージ B、C、または D の犬は、ステージ A の健常な犬と比較して、11 個の miRNA が差次的に発現していることがわかりました。 

差次的に発現していた 11 個の miRNA のうち、  
6 個の miRNA は、ステージ B1/B2 の犬とステージ C/D の犬との間で有意な差がありました。

遺伝子発現の変化も、MMVD の重症度が高いほど大きくなっていました。

犬のステージ

覚えておくべき重要な点

  • 米国獣医内科学会(American College of Veterinary Internal Medicine)の分類法は、心筋症の猫または僧帽弁粘液腫様変性の犬における心疾患を 4 つのステージに識別しています。
  • 心疾患の進行は予測できないことがあり、心疾患早期にあるペットの多くは正常に見えます。
  • 心疾患をもつ犬の早期診断が可能になる可能性があります。

心臓健康管理を変革する分野を探索する:

詳しく知る

  1. Keene, B. W., Atkins, C. E., Bonagura, J. D., Fox, P. R., Häggström, J., Fuentes, V. L., Oyama, M. A., Rush, J. E., Stepien, R., & Uechi, M. (2019).ACVIM consensus guidelines for the diagnosis and treatment of myxomatous mitral valve disease in dogs.Journal of Veterinary Internal Medicine, 33(3), 1127–1140.
  2. Buchanan, J.W.Prevalence of cardiovascular disorders.In: Fox P.R, Sisson D.D, Moise N.S, editors.Textbook of Canine and Feline Cardiology: Principles and Clinical Practice.2nd ed. Philadelphia, PA: WB Saunders; 1999. pp. 457–470.
  3. Payne, J. R., Brodbelt, D. C., & Luis Fuentes, V. (2015).Cardiomyopathy prevalence in 780 apparently healthy cats in rehoming centres (the CatScan study).Journal of Veterinary Cardiology: the official journal of the European Society of Veterinary Cardiology, 17 Suppl 1, S244–S257.
  4. Fox, P. R., Keene, B. W., Lamb, K., Schober, K. A., Chetboul, V., Luis Fuentes, V., … Tachika Ohara, V. Y. (2018).International collaborative study to assess cardiovascular risk and evaluate long-term health in cats with preclinical hypertrophic cardiomyopathy and apparently healthy cats: The REVEAL Study.Journal of Veterinary Internal Medicine, 32(3), 930–943.
  5. Côté, E., Edwards, N.J., Ettinger, S.J., Fuentes, V.L., MacDonald, K.A., Scansen, B.A., Sisson, D.D., & Abbott, J.A.(2015).Management of incidentally detected heart murmurs in dogs and cats.Journal of Veterinary Cardiology, 17(4), 245–261.
  6. Loughran, K. A., Rush, J. E., Rozanski, E. A., Oyama, M. A., Larouche-Lebel, É., & Kraus, M. S. (2019).The use of focused cardiac ultrasound to screen for occult heart disease in asymptomatic cats.Journal of Veterinary Internal Medicine, 33(5), 1892–1901.
  7. Luis Fuentes, V., Abbott, J., Chetboul, V., Côté, E., Fox, P. R., Häggström, J., Kittleson, M. D., Schober, K., & Stern, J. A. (2020).ACVIM consensus statement guidelines for the classification, diagnosis, and management of cardiomyopathies in cats.Journal of Veterinary Internal Medicine, 34(3), 1062–1077.
  8. Borgarelli, M., & Buchanan, J.W.(2012).Historical review, epidemiology and natural history of degenerative mitral valve disease.Journal of Veterinary Cardiology, 14(1), 93–101.
  9. Rush, J. E., Freeman, L. M., Fenollosa, N. K., & Brown, D. J. (2002).Population and survival characteristics of cats with hypertrophic cardiomyopathy: 260 cases (1990–1999).Journal of the American Veterinary Medical Association, 220(2), 202–207.
  10. MacDonald, K. Feline cardiomyopathy.In: Smith, F.W.K., Tilley, L.P., Oyama, M.A., & Sleeper, M.M, editors.Manual of Canine and Feline Cardiology.5th ed. Saint Louis, MO: Elsevier; 2016. pp. 153.
  11. Schrope, D. P. (2015).Prevalence of congenital heart disease in 76,301 mixed-breed dogs and 57,025 mixed-breed cats.Journal of Veterinary Cardiology: the official journal of the European Society of Veterinary Cardiology, 17(3), 192–202.
  12. Gil-Ortuño, C., Sebastián-Marcos, P., Sabater-Molina, M., Nicolas-Rocamora, E., Gimeno-Blanes, J. R., & Fernández Del Palacio, M. J. (2020).Genetics of feline hypertrophic cardiomyopathy.Clinical Genetics, 10.1111/cge.13743.
  13. Freeman, L. M. & Rush, J. Nutrition in Cardiovascular Disorders.In: Smith, F.W.K., Tilley, L.P., Oyama, M.A., & Sleeper, M.M, editors.Manual of Canine and Feline Cardiology.5th ed. Saint Louis, MO.: Elsevier; 2016.Pp.394–403.
  14. Ettinger, S. J., Benitz, A. M., Ericsson, G. F., Cifelli, S., Jernigan, A. D., Longhofer, S. L., Trimboli, W., & Hanson, P. D. (1998).Effects of enalapril maleate on survival of dogs with naturally acquired heart failure.The Long-Term Investigation of Veterinary Enalapril (LIVE) Study Group.Journal of the American Veterinary Medical Association, 213(11), 1573–1577.
  15. Häggström, J., Boswood, A., O'Grady, M., Jöns, O., Smith, S., Swift, S., … DiFruscia, R. (2008).Effect of pimobendan or benazepril hydrochloride on survival times in dogs with congestive heart failure caused by naturally occurring myxomatous mitral valve disease: the QUEST study.Journal of Veterinary Internal Medicine, 22(5), 1124–1135.
  16. Mattin, M. J., Boswood, A., Church, D. B., McGreevy, P. D., O'Neill, D. G., Thomson, P. C., & Brodbelt, D. C. (2015).Degenerative mitral valve disease: Survival of dogs attending primary-care practice in England.Preventive Veterinary Medicine, 122(4), 436–442.
  17. Li, Q., Freeman, L. M., Rush, J. E., & Laflamme, D. P. (2015).Expression Profiling of Circulating MicroRNAs in Canine Myxomatous Mitral Valve Disease.International Journal of Molecular Sciences, 16(6), 14098–14108.