心疾患

心臓の解剖図

僧帽弁粘液腫様変性(MMVD)は、犬に最もよく見られる自然後天的な心疾患です。1–4

MMVD の犬は、進行性の僧帽弁変性があります。僧帽弁の異常により、心拍のたびに血液が逆方向に漏出、すなわち逆流して、左房に流入します。時間が経つにつれ、僧帽弁逆流(MR)は左房拡張、代償性左室リモデリング、ひいては心不全にもつながる可能性があります。 

MMVD を引き起こす機構は、完全には解明されていません。しかし、Purina の科学者たちの研究により、特定の栄養素ブレンドが、MMVD の犬が心不全を発症するよりはるかに前から、心機能の改善と疾患進行速度の緩徐化に有用であることが証明されています。

新たな栄養介入が早期 MMVD の犬の心臓健康管理に変革をもたらす可能性があります。その背景にある科学について詳しく見てみましょう。

この動画で、栄養が心臓健康管理にどのような変革をもたらすかをご確認ください。

カメラを見ている小型犬

 

MMVD の発症率が最も高いのは、高齢の体重が 20 キロ未満の小型または中型犬です。4, 5  

MMVD の、あるステージから次のステージへの進行度合いにはばらつきがあり、予測は困難です。しかし、約 30% の犬で重度の心疾患に進行します。6 

犬は、うっ血性心不全の徴候を呈するステージ C まで正常に見えます。 

アメリカ獣医内科学学会(ACVIM)のコンセンサスガイドラインに基づき、現行の栄養推奨事項は、うっ血性心不全の臨床徴候を呈した後の、MMVD の重度のステージにある犬に重点を置いています。4  

有効な介入をこの疾患の早期に発見することは、犬がより良く、より長く生きるうえで役立つ可能性があります。

Purina の研究

立っている白と茶色の犬

うっ血性心不全を発症した MMVD の犬は寿命が短く QOL が低いという認識から、Purina の科学者たちは、早期 MMVD で疾患進行速度を緩徐化し、心機能の改善に役立つ可能性がある栄養素ブレンドを特定しました。

ミトコンドリア

心臓は将来利用するためのエネルギーを蓄えることができません。心臓のミトコンドリアがアデノシン三リン酸(ATP)を産生する限り、拍動し続けるにすぎません。 

複数の研究により、エネルギー産生に効率の悪い経路を利用する機能不全ミトコンドリアが心不全の寄与因子であることが報告されています。7

心不全の犬に対する現在の栄養推奨事項は、栄養素の欠乏または過剰に重点を置いています。しかし、新たな研究では、心臓が機能不全になり始める前に、栄養が代替エネルギー基質を提供し、心臓の健康へのメリットをもたらすことが明らかになっています。7-9 

Purina の科学者たちは、過去のオミックス研究において、MMVD の犬はエネルギー代謝が変化しており、酸化ストレスと炎症が増加していることを突き止めました。10 科学者たちはこれらの科学的知見に基づき、これらの代謝性変化に対処できる可能性がある栄養素を特定しました。

栄養素の心臓保護ブレンドには、次のようなものがあります。

心臓保護ブレンド

 

心臓保護ブレンド(CPB)を用いて完全かつバランスのとれた餌を与えて、6 ヵ月のプラセボ対照食餌介入試験を行ったところ、前臨床 MMVD の犬における疾患進行の緩徐化が示され、有益な臨床的効果が明らかになりました。11  

progression of disease graph

この盲検無作為化食餌試験は、ステージ B1 または B2 の心疾患の犬 19 匹を対象としました。犬を、年齢、性別、品種、体重、および心雑音強度で無作為に 2 つの群に分け、対照餌(CON)または CPB 補助餌のいずれかを与えました。 

MMVD は緩徐進行性の疾患であると考えられていますが、試験の 6 ヵ月間に、対照餌を与えられた犬では疾患が進行した一方で、CPB の餌を与えた犬では進行がみとめられませんでした。

CPB を与えた犬は、主要な評価項目である左房の大きさと僧帽弁逆流においても改善を示しました。

主要な心臓の評価項目

左房の大きさ

最も信頼性の高い MMVD 進行の独立指標は、左房拡張です。これは、心エコー検査で測定した左房径(LAD)および左房と大動脈起始部の比率(LA/Ao)で評価します。6,12

心エコー検査による左房径(LA)および 大動脈起始部(Ao)の測定

MMVD echocardiographic measurement

画像のご提供:米国ウィスコンシン大学 Rebecca L. Stepien、DVM、MS、ACVIM(心臓病学)

CON の犬では、左房の大きさが平均 10% 増加していました。

ところが、CPB の犬では、左房の大きさが平均 3% 減少していました。

重要なのは、これらの左房の大きさの変化が試験開始から 3 ヵ月以内という早期に発生した点です。

MMVD 犬における餌と時間の左房の大きさへの影響

以下を改変:Li et al., 2019

 

僧帽弁逆流の重症度

多くの場合、犬の MMVD における最初の徴候は、僧帽弁逆流(MR)です。心仕事量を増加させる進行性僧帽弁逆流は、心房と心室の両方のリモデリング、および心臓拡張につながることがあります。僧帽弁逆流の増加は、MMVD の増悪または進行の臨床指標です。

この試験では、僧帽弁逆流の重症度が心エコー検査により評価されました。試験中に、CPB を与えた犬の 30% は心雑音の重症度が低下したのに対して、CON を与えた犬では改善が認められませんでした。CPB を与えた犬では増悪したのが 10% のみであったのに対して、CON を与えた犬の 25% で MR の重症度が高くなりました。 

心臓のエネルギー代謝の図

このグラフは、ベースラインと比較して 6 ヵ月後に僧帽弁逆流のグレードが 1 段階以上変化した犬の割合を示しています。P=0.041 

血圧

さらに、研究者らは、左房の大きさが減少した CPB を与えた犬は、血圧も低下していたことを確認しました。この観察所見は、統計的に有意ではありませんでしたが、血圧の低下傾向は左房の大きさの減少と相関していました。 

メタボロミクス解析

公表されている別の Purina の研究 13 におけるメタボロミクス解析では、心臓保護の栄養素ブレンドを与えた犬で見られた臨床的有益性が、エネルギー産生における脂肪酸利用の改善、および炎症と酸化ストレスのマーカー減少に関連していたことが明らかになっています。これにより、分子レベルにおける良好な変化にも、MMVD 犬の心臓評価項目の改善が反映されていたことが証明されました。

この一連の試験は、犬の MMVD に関連する主要な代謝性変化に対処するために開発された特定の栄養素ブレンドを用いた食餌介入が、心疾患の進行速度の緩徐化、および前臨床 MMVD の犬の心機能改善に有効であることを証明しています。重要なのは、こうした栄養素が相乗的に作用して、前述の効果を上げた点です。

この新たな栄養介入が、早期 MMVD の犬の心疾患管理にどのように変革をもたらすかをご覧ください

覚えておくべき重要な点

  • 僧帽弁粘液腫様変性(MMVD)は、最も一般的な犬の心疾患です。
  • MMVD の進行度合いにはばらつきがありますが、約 30% の犬で重度の心疾患に進行します。
  • Purina の科学者たちは、早期 MMVD の犬で見られる代謝性変化に対処できる可能性がある栄養素ブレンドを特定しました。
  • 6 ヵ月の試験で、相乗的に作用する特定の栄養素ブレンドが、早期 MMVD の犬において、疾患進行を緩徐化し、臨床的評価項目を改善する可能性があることが証明されました。
  • メタボロミクス解析により、MMVD の犬に CPB を与えることの臨床的有益性が、分子レベルでの良好な変化にも反映されていたことが明らかになりました。

心臓健康管理を変革する分野を探索する:

詳しく知る

  1. Buchanan, J.W.(1977).Chronic valvular disease (endocardiosis) in dogs.Advances in Veterinary Science, 21, 57–106.   
  2. Detweiler, D. K., & Patterson, D. F. (1965).The prevalence and types of cardiovascular disease in dogs.Annals of the New York Academy of Sciences, 127(1), 481–516.
  3. Haggstrom, J., Kvart, C., & Pedersen, H.D.(2005).Acquired valvular disease.In: Ettinger, S.J., Feldman, E.C., eds.Textbook of Veterinary Internal Medicine, 6th ed. St Louis: Elsevier: 1022–1039.
  4. Keene, B. W., Atkins, C. E., Bonagura, J. D., Fox, P. R., Häggström, J., Fuentes, V. L., Oyama, M. A., Rush, J. E., Stepien, R., & Uechi, M. (2019).ACVIM consensus guidelines for the diagnosis and treatment of myxomatous mitral valve disease in dogs.Journal of Veterinary Internal Medicine, 33(3), 1127–1140.
  5. Atkins, C., Bonagura, J., Ettinger, S., Fox, P., Gordon, S., Haggstrom, J., … Stepien R. (2009).Guidelines for the diagnosis and treatment of canine chronic valvular heart disease.Journal of Veterinary Internal Medicine, 23, 1142–1150.
  6. Borgarelli, M., & Buchanan, J.W.(2012).Historical review, epidemiology and natural history of degenerative mitral valve disease.Journal of Veterinary Cardiology, 14(1), 93–101.
  7. Brown, D. A., Perry, J. B., Allen, M. E., Sabbah, H. N., Stauffer, B. L., Shaikh, S. R., … Gheorghiade, M. (2017).Expert consensus document: Mitochondrial function as a therapeutic target in heart failure.Nature reviews.Cardiology, 14(4), 238–250.
  8. Lopaschuk, G. (2017).Metabolic Modulators in Heart Disease: Past, Present, and Future.Canadian Journal of Cardiology, 33, 838–849.
  9. Sabbah, H. N. (2020).Targeting the Mitochondria in Heart Failure: A Translational Perspective.JACC.Basic to Translational Science, 5(1), 88–106.
  10. Li, Q., Freeman, L.M., Rush, J.E., Huggins, G.S., Kennedy, A.D., Labuda, J.A., Laflamme, D.P., & Hannah, S.S.(2015).Veterinary Medicine and Multi-Omics Research for Future Nutrition Targets: Metabolomics and Transcriptomics of the Common Degenerative Mitral Valve Disease in Dogs.OMICS, 19(8), 461–470.
  11. Li, Q., Heaney, A., Langenfeld-McCoy, N., Boler, B. V., & Laflamme, D. P. (2019).Dietary intervention reduces left atrial enlargement in dogs with early preclinical myxomatous mitral valve disease: a blinded randomized controlled study in 36 dogs.BMC Veterinary Research, 15(1), 425.
  12. Dickson, D., Caivano, D., Matos, J.N., Summerfield, N., & Rishniw, M. (2017).Two dimensional echocardiographic estimates of left atrial function in healthy dogs and dogs with myxomatous mitral valve disease.Journal of Veterinary Cardiology, 19, 469–479.
  13. Li, Q., Laflamme, D.P., & Bauer, J. E. (2020).Serum untargeted metabolomic changes in response to dietary intervention on dogs with preclinical myxomatous mitral valve disease.PLoS One, 15(6), 0234404.