栄養科学

Purina の画期的な研究では栄養がペットの健康に与える分子レベルの影響が新たに発見されていますが、この研究が、ペットが栄養の力を借りてより良く、より長く生きることができる方法の再認識につながっています。 

脳が強調された犬と猫の画像
脳の健康促進

栄養におけるイノベーションが脳の健康を守り、年齢に関連した犬猫の認知能力の変化を管理し、犬の特発性てんかんに関連する転帰を改善する方法をご覧ください。 

心電図
心臓の健康管理を変える

犬猫の心臓の健康を支える重要な栄養素を学び、Purina の科学者が、原始間葉状僧帽弁疾患の初期段階で犬の心臓機能をサポートし、心疾患の進行を遅らせることができる栄養素ブレンドを特定した方法をご覧ください。 

カメラを見つめるトラ猫
アレルゲンを中和

猫の唾液を発生源とする主要なネコアレルゲン物質 Fel d 1 を中和する革新的なアプローチについて学びます。包括的なアレルギー管理計画の一環として、猫の安全を守るこのアプローチでは、猫と一緒に暮らしながらもネコアレルゲン物質を低減します。

フェシウム菌 SF68
消化器の健康促進

ペットの健康における腸内微生物叢の重要な役割と、プレバイオティクス、プロバイオティクス、シンバイオティクスなどの栄養介入がペットの健康状態を改善し、免疫力を高め、一般的な健康状態の管理に役立つかについてご覧ください。 

筋肉組織
健康寿命の延伸

Purina の調査で、犬猫が健康に長く生きるために栄養が重要な役割を果たすことが示されました。その詳細をご覧ください。特定の栄養学的アプローチがいかに年齢に関連した健康上の問題の発生を遅らせ、犬猫の寿命を延ばすことを示した調査をご覧ください。

DNA
分子栄養学の探求

Purina の科学者が、栄養素による骨関節炎などの健康状態の新しい改善方法を見つけ、栄養がそれぞれのペットに有益となる方法をより良く理解するために、どのようにして DNA、RNA、タンパク質、代謝物、または腸細菌を分析した「オミックス」を用いたかをご覧ください。