微生物叢の基礎知識

腸絨毛と細菌

「腸脳連関」とは、消化管と脳の間で常に行われている双方向性通信をいいます。

腸が脳に影響を与え、ひいては行動にも影響を与えるという考えは、広く理解され、受け入れられています。この概念は日常の言葉にも浸透しており、例えば、英語には「gut feeling」(直感)、「gutsy」(腹が据わっている)、「butterflies in the stomach」(不安で落ち着かない)などの表現があります。それにもかかわらず、科学者が腸脳連関の背後にあるメカニズムの解明を始めたのは、ごく最近になってからです。この脳と腸の通信リンクは、neurogastroenterology(神経消化器病学)という新しい研究領域の中心になっています。

腸脳連関のアイコン
脳は微生物叢に影響を与える可能性がある

腸内細菌が正常な神経発達、脳生化学および行動の形成を助けていることを示唆する証拠は数多く存在します。1特に、腸内微生物叢は、腸脳間の通信において主要な結節点として認識され始めています。このことから、「微生物叢・腸・脳連関(microbiota-gut-brain axis)」という新しい用語が登場しています。

脳中枢神経系のテーブル
Microvilli_Banner_Graphic_JPN

栄養介入によって腸内微生物叢を変化させることは、腸と脳の間のこの相互通信を促進し、行動や気分を変化させる可能性があります。

これまでの研究により、腸内細菌と、肥満、アルツハイマー病、ペットの不安などの症状との間には、多くの関連があることが示されています。2-4特にペットの不安については、犬の行動障害の最大 70% は、何らかの形の不安に起因する可能性があるため、重要です。5

患者であるペットの行動の問題(不安など)を特定し治療するうえで、一般獣医療に携わる獣医師の役割は非常に重要です。6

不安の徴候。攻撃性。震え。吠え続ける。過度なあえぎ/よだれ。舌なめずり。過度に注意深い。過剰な毛づくろい。破壊的行動。

ペットの飼い主は、恐怖や不安の徴候に気づかないことや、問題が危機的な状況になってからでないと相談してこないことがあります。7

不安の結果

犬の行動障害の最大 70% が何らかの形の不安に起因する可能性があり、5 行動障害は、ペットを保護施設に収容する主な理由として挙げられています。8不安の結果、生理学的な影響や行動面での影響が生じます。例えば、有病率の上昇、9 心拍数の上昇、胃腸障害、ペーシング(同じ速さで同じところを歩き回る)や旋回、食欲の変化 10 などが見られます。また、ストレスもペットの精神的・社会的な健康に影響を与える可能性があり、慢性的なフラストレーションや社会恐怖症の発症につながることもあります。11
飼い主にペットの行動問題について日常的に尋ねる獣医師は、全体のわずか 25% にすぎません。13, 14
5 分の 1 の図

Purina の研究

犬の腸脳連関のバナー

細菌株のビフィドバクテリウムロンガム(Bifidobacterium longum)B. longum BL999)は、犬の落ち着いた行動維持するために役立つことが明らかになりました。

Purina の科学者は、交差盲検で、ビフィドバクテリウムロンガム(Bifidobacterium longum)(BL999)のある特定の株を補助食として与えられた犬では、プラセボを与えた犬に比べ、いくつかの不安行動が顕著に減少したことを発見しました。BL999 を補助食として与えられた犬の大部分で、心拍数と唾液中コルチゾール濃度の低下が見られました。行動面および生理学的な観点から、ビフィドバクテリウムロンガム(Bifidobacterium longum) BL999 は、不安症の犬に対して不安軽減効果がありました。

Purina Institute の「MEET THE SCIENTISTS」ビデオシリーズ

微生物叢フォーラムの他の領域を見る

微生物叢中心のサムネイル

ペットの健康状態を改善する微生物叢を中心とした介入

Nestlé のリーダーシップのサムネイル

微生物叢分野における Nestlé と Purina のリーダーシップ

詳しく知る

  1. Shen, H. H. (2015). Microbes on the Mind. Proceedings of the National Academy of Sciences, 112(30), 9143–9145. doi:10.1073/pnas.1509590112
  2. Dinan, T. G., & Cryan, J. F. (2017). Gut–brain axis in 2016: Gut-brain axis in 2016: Brain-gut-microbiota axis - mood, metabolism and behaviour. Nature Reviews Gastroenterology & Hepatology, 14(2), 69–70. doi: 10.1038/nrgastro.2016.200
  3. Köhler, C. A., Maes, M., Slyepchenko, A., Berk, M., Solmi, M., Lanctot, K. L., & Carvalho, A. F. (2016). The gut-brain axis, including the microbiome, leaky gut and bacterial translocation: Mechanisms and pathophysiological role in Alzheimer’s disease. Current Pharmaceutical Design, 22(40), 1–15. doi: 10.2174/1381612822666160907093807
  4. McGowan, R. T. S., Barnett, H. R., Czarnecki-Maulden, G. L., Si, X., Perez-Camargo, G., & Martin, F. (2018, July). Tapping into those ‘gut feelings’: Impact of BL999 (Bifidobacterium longum) on anxiety in dogs. Veterinary Behavior Symposium Proceedings, Denver, CO, pp. 8–9.
  5. Beata, C., Beaumont-Graff, E., Diaz, C. Marion, M., Massal, N., Marlois, N., Muller, G., & Lefranc, C. (2007). Effects of alpha-casozepine (Zylkene) versus selegiline hydrochloride (Selgian, Anipryl) on anxiety disorders in dogs. Journal of Veterinary Behavior, 2, 175–183.
  6. Stelow, E. (2018). Diagnosing behavior problems: A guide for practitioners. Veterinary Clinics of North America, 48(3), 339–350. doi:10.1016/ j.cvsm.2017.12.003
  7. Ballantyne, K. C. (2018). Separation, confinement, or noises: what is scaring that dog? Veterinary Clinics of North America: Small Animal Practice, 48(3), 367–386. doi:10.1016/j.cvsm.20112.005
  8. Salman, M. D., Hutchison, J., Ruch-Gallie, R., Kogan, L., New, J. C., Kass, P. H., & Scarlett, J. M. (2000). Behavioral reasons for relinquishment of shelter dogs and cats to 12 shelters. Journal of Applied Animal Welfare Science, 3(2), 93–106.
  9. Tanaka, A., Wagner, D. C., Kass, P. H., & Hurley, K. F.. (2012). Associations among weight loss, stress, and upper respiratory tract infection in shelter cats. Journal of the American Veterinary Medical Association, 240(5), 570–576. doi: 10.2460/javma.240.5.570
  10. Landsberg, G., Hunthausen, W., & Ackerman, L. (2013). Behavior Problems of the Dog & Cat. Great Britain: Saunders Elsevier. pp. 181–182.
  11. Mills, D., Karagiannis, C., & Zulch, H. (2014). Stress – Its effects on health and behavior: A guide for practitioners. Veterinary Clinics of North America: Small Animal Practice, 44, 525–541.
  12. Mariti, C., Gazzano, A., Moore, J. L., Baragli, P., Chelli, L., & Sighieri, C. (2012). Perception of dogs’ stress by their owners. Journal of Veterinary Behavior, 7(4), 213–219.
  13. Seibert, L. M., & Landsberg, G. M. (2008). Diagnosis and management of patients presenting with behavior problems. Veterinary Clinics of North America: Small Animal Practice, 38, 937–950.
  14. Patronek, G. J., & Dodman, N. H. (1999). Attitudes, procedures, and delivery of behavior services by veterinarians in small animal practice. Journal of the American Veterinary Medical Association, 215(11), 1606–1611.